鹿児島市電で架線トラブル 一斉点検実施/鹿児島

13日夜、鹿児島市の市電で架線が垂れ下がり、一部区間で約2時間半にわたり運行を見合わせたことを受け、14日朝、鹿児島市交通局が架線の点検を行いました。

スポンサーリンク

13日午後6時すぎ、中郡電停と郡元電停の間で架線を支えるベルトが切れて垂れ下がりました。このトラブルにより、一部区間で市電が運行を見合わせ、約2400人に影響が出ました。

スポンサーリンク

原因はベルトの老朽化とみられていて、鹿児島市交通局では14日朝、架線の一斉点検を行いました。その結果、異常は確認されなかったということです。

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る