旅客船が炎上、沈没 けがはなし/長崎

15日朝、西海市江島沖で長崎と上五島を結ぶ高速船から爆発音がして炎上し、船はその後沈没しました。乗客乗員9人は 近くの船に救助され無事でした。

長崎海上保安部によると、15日午前7時20分頃、西海市の江島の沖合、南南西5キロの海域を走っていた旅客船「ビッグ波羅門キング」の機関室から火が出ました。

スポンサーリンク

船には乗客6人と乗員3人が乗っていましたが、近くを通りかかった船に救助され、全員無事でした。船はその後、黒煙を上げて燃え上がりました。

旅客船を運航する九州商船によると、船のエンジン付近から「ボン」という大きな音がしたあと黒い煙が出たということで、長崎海上保安部の巡視艇が消火活動に当たりましたが、船は午前9時半すぎに沈没しました。海上保安部は火災の原因を調べています。

スポンサーリンク

九州商船は「お客様に心配をかけおわび申し上げたい。原因を調べて安全対策を徹底していきたい」と話しているとのこと。

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る