陸上自衛官四師団 陸士長3人処分/福岡

陸上自衛隊第四師団に所属する陸士長3人が危険ドラッグを使用・輸入したとして20日付で懲戒免職などの処分を受けました。

処分は、陸上自衛隊第四師団に所属する大村駐屯地の25歳と23歳の男性陸士長が免職、福岡駐屯地の20代の女性陸士長が、60日の停職です。

スポンサーリンク

福岡駐屯地によると、男性陸士長2人は去年12月頃、危険ドラッグを外国から輸入したとして麻薬取締法違反の疑いで今年、長崎県警に逮捕されました。また、女性陸士長は去年11月頃、危険ドラッグを使用したというものです。

男性陸士長2人は不起訴となりましたが、輸入以外にも使用したことを認めているということです。

スポンサーリンク

福岡駐屯地は、指導の徹底を図り、再発防止に努めたいとしています。

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る