大相撲 松鳳山が敢闘賞を受賞/福岡

大相撲九州場所は22日千秋楽を迎え、築上町出身の松鳳山が12勝をあげて敢闘賞を受賞しました。

松鳳山は先場所十両で優勝して、今場所は西の前頭10枚目で4場所ぶりに幕内での土俵をつとめました。

スポンサーリンク

松鳳山は、力強い突き押しと豪快な投げで観客を沸かせるとともに、4日目から6連勝するなど優勝争いにも絡み、22日の千秋楽を1敗の横綱・日馬富士に続く2敗の成績で迎えました。

22日は、平幕の安美錦に素首落としで敗れましたが、12勝3敗の成績で敢闘賞を受賞しました。敢闘賞の受賞は、おととしの秋場所以来3回目です。

スポンサーリンク

また、序ノ口では大川市出身の琴隼が、6勝1敗の3人による優勝決定戦を制して優勝しました。

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る