派遣法違反で 福岡県に是正指導/福岡

福岡県が、業務委託先の広告会社の女性を県庁に出勤させ、委託した業務とは関係のない事務を手伝わせていたとして、福岡労働局から、労働者派遣法違反で、是正するよう指導を受けました。

福岡県の「食の安全・地産地消課」は、おととしから去年にかけて、食品に関するアンケート調査を福岡市の広告会社に委託した際、この広告会社に雇用された女性を県庁に出勤させ、アンケート調査とは異なる本来は県の職員がやるべき事務を8か月に渡って手伝わせていました。

 

スポンサーリンク

 

これについて福岡労働局は、女性を雇用した広告会社は、派遣事業主としての許可を受けておらず、また、県は、直接女性に指示を出して委託した業務とは関係のない事務を手伝わせていたとして、労働者派遣法違反で、県と広告会社に対し、今月16日付けで是正するよう指導しました。

 

スポンサーリンク

 

この問題で、福岡県はことし9月、担当の係長を減給6か月の処分にしていて、県は「職員への指導を徹底し、再発防止に努めたい」としています。

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る