【甲子園情報】九州国際大付、作新学院に勝ち準々決勝へ

甲子園 九州国際大付3

全国高校野球選手権大会は14日、九州国際大付が作新学院と対戦し2-0で勝利しました。

九州国際大付は6回、前試合でも本塁打を打った山本がまたも本塁打を打ち1点先制。0-0のお互いに譲らない状態をようやく抜け出しました。続いて7回、岩崎の適時打で追加点をあげます。その後も点を奪われることなく、完封勝利。

初のベスト8入りを決めた九州国際大付は、17日の準々決勝で早実と対戦することが決まりました。2試合連続本塁打を打った九州国際大付の山本と1年生にして甲子園初本塁打を放った早実の“怪物”清宮に注目が集まっています。次戦での活躍にも期待が膨らみます。

(画像はNHK 甲子園より)

詳細は下記サイトにて。
試合結果情報/NHK 甲子園公式サイト
http://www.nhk.or.jp/koushien/

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る