北九州市で 高齢者の死亡事故が相次ぐ/福岡

https://youtu.be/BdKKWiEv3n0

北九州市で1日夜、交通事故が相次ぎ男女2人が死亡しました。

警察によると、午後7時20分過ぎ、北九州市小倉南区上吉田の県道で19歳の会社員の男性が運転する軽乗用車が、道を横断していた看護師の末吉雄二さん(66)を跳ねました。

 

スポンサーリンク

 

末吉さんは病院に運ばれましたが、全身を強く打ち2日未明、死亡しました。19歳の男性はぶつかった衝撃で事故に気付いたということです。

また、午後9時半頃、北九州市八幡西区黒崎の国道200号で、31歳の男性が運転するバイクが近くに住む安高政枝さん(90)をはね、安高さんは約5時間後に死亡が確認されました。バイクの男性は「ぶつかる直前に気が付いた」と話しているということです。

 

スポンサーリンク

 

いずれの事故も、警察で原因を詳しく調べています。

福岡県内の今年の交通事故による死亡者数は、1日までで132人に上り、うち、高齢者が73人と半数以上となっています。

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る