「茶のしずく」集団訴訟 和解成立/熊本

「茶のしずく石鹸」の旧製品を使い小麦アレルギーなどを発症したとして、熊本などの男女33人が販売会社「悠香」などを相手取り損害賠償を求めていた訴訟の和解が、14日、熊本地裁で成立しました。

原告側の弁護団によると2社があわせて約5千万円を支払うことで和解したということです。

 

スポンサーリンク

 

和解内容に謝罪や法的責任については盛り込まれなかったということです。

 

スポンサーリンク

 

同様の裁判が熊本以外でも27の地域で行われていますが、原告全員が和解したのは今回が初めてです。

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る