懲戒解雇の元水上郵便局長、解雇無効を求める/熊本

元湯前郵便局長の横領事件について、横領を知りながら日本郵便に報告を怠ったとして懲戒解雇された近隣の元水上郵便局長が、解雇の無効を訴え、裁判を起こしていたことが分かりました。

この事件は、湯前郵便局の局長が、局内の金庫から約1億4000万円を横領したとして、去年8月に懲戒解雇され、その後、刑事告訴されたものです。

 

スポンサーリンク

 

今回裁判を起こした近隣の水上郵便局長も、この事件に関連して「元局長のうその説明を信用し、日本郵便に報告しなかった」として懲戒解雇されていました。

 

スポンサーリンク

 

元水上郵便局長は、「日本郵便の懲戒規程では停職が相当で懲戒解雇は処分が重すぎる」と主張し、日本郵便に対して懲戒解雇処分の無効を求めています。


ニュースの動画


Twitterの反応

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る