新燃岳で現地調査 火山性地震増加/鹿児島

23日、新燃岳で、火山性地震が約160回観測され、24日も続いていることから、気象台は、新燃岳の現地調査を行いました。

新燃岳では、23日、火山性地震があわせて158回観測され、24日も午後5時までに51回観測されています。

 

スポンサーリンク

 

このため、24日、鹿児島地方気象台の職員2人が、現地調査を実施し、周辺の噴気の状況や地表面の温度を調べたほか、鹿児島県の防災ヘリで上空からの調査を行いました。

調査の結果、「特に大きな変化は見られなかった」ということです。

 

スポンサーリンク

 

気象台は、今後の火山活動に注意するよう呼びかけています。


Twitterの反応

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る