漫画家・萩尾望都 原画展開催/福岡

萩尾 原画展

9月5日より、北九州市漫画ミュージアム(福岡県北九州市小倉北区浅野2)にて萩尾望都「銀の船と青い海」の出版を記念した原画展が開催されます。

1970年代、「ポーの一族」や「トーマの心臓」で少女漫画の新境地を切り開いた、大牟田市出身の漫画家・萩尾望都。今なお、旺盛に創作を続け、読者を魅了し続けています。

童話集『銀の船と青い海』(河出文庫)の出版を記念して今回の原画展が企画され、東京・京都で大好評を得て、北九州と博多でも開催の運びとなりました。美しいカラー原画が展示されるとのこと。

また、オリジナルグッズの販売もあるのでそちらも要チェックです。
萩尾望都の繊細にして鮮烈な世界を是非、ご堪能ください。

開催期間 9月5日~10月5日 ※火曜を除く
開催時間 11:00~19:00(最終入館18:30)

(画像は北九州市漫画ミュージアムより)

イベントの詳細は下記サイトにて。
イベント情報/北九州市漫画ミュージアム
http://www.ktqmm.jp/kikaku_info/6748?list=all&pg=1

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る