マッサージ店女性暴行事件 元経営者の男に実刑判決/宮崎

自分が経営していたマッサージ店で女性客らに性的暴行を加えた疑いで逮捕された男に対し、宮崎地裁は1日の判決公判で、懲役11年の実刑判決を言い渡しました。

判決を受けたのは、宮崎市の元アロマサロン経営、土屋和朗被告45歳です。

 

スポンサーリンク

 

土屋被告は、2010年からおととしにかけて、自分が経営していた宮崎市内のマッサージ店で、アロマエステの指導を受けに来ていた女性や、客として来店した女性に対し、性的暴行を加えたとして強姦などの罪に問われていました。

1日の判決公判で、宮崎地裁の瀧岡俊文裁判長は「女性の人格や尊厳を脅かした卑劣な犯行」などとして土屋被告に懲役11年の実刑判決を言い渡しました。

 

スポンサーリンク

 

土屋被告は、これまでの裁判で「同意の上だった」などとして一貫して無罪を主張しています。土屋被告の弁護士は「判決には事実誤認がある」として、控訴するかどうか本人と話し合い検討するということです。

【お知らせ】nqnewsは移転します。

URL
(旧)http://news.np9.jp/
(新)http://kyushu.nqnews.jp/

これからもよろしくお願いいたします。

NQNews 九州
http://kyushu.nqnews.jp/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る